インテリアコーディネートひとつで部屋がスッキリ見えるコツ

インテリアコーディネートで難しいのが、いかに部屋をスッキリ見せるかではないでしょうか。いくらお気に入りの家具や雑貨を集めても、部屋全体がゴチャゴチャしたのでは気持ちが落ち着きません。かといって、せっかくそろえた家具や雑貨を処分するわけにもいかないので、部屋を少しでも広く見せるポイントを押さえておくことをおすすめします。季節の変わり目など、部屋も衣替えするつもりで試してみてください。

インテリアコーディネートのコツのひとつは、視覚的な効果を取り入れてみることです。家具を選ぶとき、自分の目線より低い高さの家具を選ぶと部屋全体がスッキリと見えます。いわゆる抜け感と呼ばれるものです。さらに、それらの家具の高さをできるだけ合わせると部屋全体が広く見えます。

高さが低めの家具なら、その上に自分の好みの雑貨や観葉植物を飾ってインテリアを楽しむことができます。また、クリスマスツリーや、節句やお正月などに合わせた雑貨を飾ることで、季節感のある部屋に仕上がります。ちなみにソファーの背もたれの高さも低いタイプは部屋がスッキリ片付いてみえるのでおすすめです。もちろん、床にはあまりものをゴチャゴチャ置かないのも部屋を広く見せるために大事なことです。