色の配分が大切

インテリアコーディネートで決め手になる色の配分

コーディネート選びはWEBで インテリアコーディネートは思っているほど難しいものではありません。例えば部屋を作り上げていくとき、色に着目してみてください。好みの色で家具などを揃えていくとき、ただ好きな色一色だけを使った部屋はどうでしょうか。いくら好きな色だとしてもちょっと疲れるのではないでしょうか。そんなとき知っておくとためになるのが色の配分です。インテリアコーディネートを考える上で大事なポイントである配分は、ベースとなるカラーが70%で、メインとなるカラーが25%、残りの5%はアクセントカラーとなります。

好きな色を取り入れたいのであれば、全体的にみたとき25%程度になるよう心がけてみてください。数字だけ見るとなんとなく少ないような気がしますが、ベースとなるカラーとアクセントになるカラーとの割合によって、メインとなるカラーが引き立ちます。そのため、この配分でインテリアの色をそろえると、部屋全体に統一感がでてくるので落ち着きのある雰囲気にまとまることでしょう。

ちなみにベースとなるカラーは淡い色を選ぶこともポイントのひとつです。ベースカラーをホワイトや薄いグレー、パステルカラーのような優しい色合いなどで揃えてみてはいかがでしょうか。

最新記事